宇宙を活用した教育実践例

体育 「体つくり運動」

神奈川県・横浜市立永谷小学校

  • 小学生
  • 学校教育

概要

神奈川県・横浜市立永谷小学校
6年生
32名
平成26年12月~(継続中)
横浜の時間
(総合的な学習の時間と体育で横断的に実施)
ミッションXのハンドアウト
ミッションXのホームページ
・発展教材として
・体育の体つくり運動をミッションXとしてリンクさせながら実施
 体つくり運動は、持久走や縄跳びなど、子どもたちが「おもしろくない」と思いがちな内容が多いが、世界の仲間が同じ活動をしているという実感を感じさせたり、宇宙にどのようにつながるのかと考えさせたりすることで、子どもたちは高い興味・関心をもって運動に取り組んでいた。総合的な学習として宇宙教育も実施しているが、本授業の実践により、宇宙空間での人体の変容などについての疑問も多く挙げられており、宇宙に対する興味・関心も高まったようである。

授業・活動後の先生のご感想、ご要望など

  • 体つくりとともに、バランスの良い食事はとても大切なテーマでありながら、高学年の子どもたちにとっては日々の実践はなかなか難しいことだと思う。しかし、このように実験を通して、そして宇宙と関連付けて楽しく学ばさせることで、子どもたちの生活習慣への意識も高まっていた。
  • ミッションXに参加していない学校であっても、運動のいくつかをチョイスし、多くの教員が使用できるようにぜひ発信し続けてほしいと思う。

授業の様子

宇宙を活用した教育実践例実績一覧

このページのTOPへ