授業連携

DR.地球人,未来を救え!

鹿児島県・南種子町立中平小学校

  • 小学校
  • 小5
  • 総合的な学習の時間

概要

<全授業を通した指導目標>

地球の美しさがわかり,それを守っていこうとする態度を育成する。

<対象>

小学5年生 33名

<期間>

平成18年4月21日~平成19年3月20日
回数(総時間):24回(28時間25分)

<区分>

総合学習の時間

構成表

実施日
時間
形式
人数
授業内容
1
90分
講義
32名
「地球環境について」
講師:中村 全宏(JAXA宇宙教育センター 主事)
支援:岸 詔子
2
45分
授業
33名
前時(4月21日)の学習のおさらいをし、自分が調べてみたいことを考える。
自分が選んだテーマについてウェビング法で視野を広め、今後の調べ学習の意欲を高める。
3
45分
授業
33名
前時(4月21日)の学習のおさらいをし、自分が調べてみたいことを考える。
自分が選んだテーマについてウェビング法で視野を広め、今後の調べ学習の意欲を高める。
4
5月1日
45分
授業
32名
設定したテーマについて、どんなことを調べたいか考え、今後の計画を立てる。
5
5月2日
45分
授業
32名
教師が使用している参考文献を紹介し、設定したテーマについてまとめさせる。
6
5月8日
45分
授業
32名
教師が使用している参考文献を紹介し,設定したテーマについてまとめさせる。
7
5月9日
45分
授業
32名
教師が使用している参考文献を紹介し、設定したテーマについてまとめさせる。
8
5月11日
45分
授業
32名
教師が使用している参考文献を紹介し、設定したテーマについてまとめさせる。
9
5月15日
45分
授業
32名
教師が使用している参考文献を紹介し、設定したテーマについてまとめさせる。
10
5月18日
45分
授業
32名
今まで調べた学習内容をまとめさせる。
11
5月29日
45分
授業
32名
今まで調べた学習内容をまとめさせる。
12
6月13日
45分
授業
32名
大気汚染と水汚染のビデオを見て、考えたことなどをまとめさせる。
13
90分
授業
32名
パックテストなどを通して、いかに自分たちの生活廃水が地球を汚染しているか気づかせる。さらに、今後どのような暮らし方をすればいいか考えさせる。
指導:清水 健司
(鹿児島県地球温暖化防止活動推進センター 事務局長)
14
6月22日
45分
授業
32名
体験したいことをグループごとに計画する。
15
6月26日
90分
授業
32名
体験学習を始める。
水の汚染度を調べたり、CO2を減らすため植林をしたり、放射線が写っているDVDを視聴したり、ソーラーカーを走行させたり、宇宙食について調べるため土日に宇宙科学技術館へ行く、など。
16
7月6日
45分
授業
32名
体験学習が十分でないグループの支援を行ったり、他の体験をアドバイスして、視野を広めさせる。
17
7月10日
45分
授業
32名
体験学習が十分でないグループの支援を行ったり、他の体験をアドバイスして、視野を広めさせる。
18
7月13日
45分
授業
32名
体験学習が十分でないグループの支援を行ったり、他の体験をアドバイスして、視野を広めさせる。
19
7月18日
45分
授業
32名
1学期のまとめ
20
90分
授業
33名
グループごとに調べてきたことを体験することで、地球がいかに汚染されてきているか理解したり、また自分たちが今度どのような生活を送っていけばよいか考えたりする。
21
90分
授業
33名
グループごとに調べてきたことを体験することで、地球がいかに汚染されてきているか理解したり、また自分たちが今度どのような生活を送っていけばよいか考えたりする。
22
11月8日
300分
発表
33名
「学習発表会」
『環境』をテーマに調べ学習を行ってきた総合学習の成果を発表する。
講評:中村 全宏(JAXA宇宙教育センター 主事)
23
90分
発表
33名
「鹿児島県内の小学校3校合同による成果発表交流会」
支援:岸 詔子、森 理恵、横内 美朝
24
3月20日
135分
授業
33名
授業を通して学んできた「環境」についてまとめる。
支援:中村 全宏(JAXA宇宙教育センター 主事)

第1回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
・宇宙と地球の環境のちがいを知り、地球はいかに住みやすく、また、美しいところであるのか理解する。
・その地球が破壊されてきていることを知り、その原因を探ろうとする意欲を高める。

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
                 
指導上の留意事項
         
展開
(90分)
(1)地球と宇宙の環境の違いを自由に書かせ、発表する。
(10分)

(2)地球の位置や火星などとの環境の違いを専門的に説明していただく。
(20分)

(3)宇宙飛行士のビデオを見て、宇宙と地球の生活の違いを考える。30分)

※トイレ休憩(10分)

(4)地球とその近辺の星の違いを説明していただくとともに、環境問題について解説していただく。(20分)
◎意識がつながるように、流れを考えて授業を組み立てた。


◎授業にテンポ、リズムをつけるため、書く作業や発表を随所に取り入れた。


◎講義だけにとどまらず、ビデオなどを取り入れ、視覚に訴えるようにした。



◎講師の方には、少し専門的な知識も語り、スパイスを入れるようお願いした。
△ワークシート記入。および考察。発表。パワーポイント、ビデオ視聴。
・意識がつながるように、流れを考えて授業を組み立てた。

・授業にテンポ、リズムをつけるため、書く作業や発表を随所に取り入れた。

・講義だけにとどまらず、ビデオなどを取り入れ、視覚に訴えるようにした。


・講師の方には、少し専門的な知識も語り、スパイスを入れるようお願いした。

授業の感想・メモ

  • 90分集中していた。
  • 初めて知ることが多く、知的好奇心も高まっていた。
  • 目の輝きがよく、うなずきも多かった。
  • 発表もよくしていた。
  • 学校側とセンター側の意図するところがよく連携されており、授業がとてもスムーズに流れた。そのため、子どもたちも終始集中し、考えを巡らせていた。十分、設定していたねらいが達成されたと思う。

第2回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
・前時(4月21日)の学習のおさらいをし、自分が調べてみたいことを考える。
・自分が選んだテーマについてウェビング法で視野を広め、今後の調べ学習の意欲を高める。

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
展開
(90分)
(1)「夜の地球(NASA提供)」のポスターを見て、考えたことを書き、発表する。(20分)

(2)前時に学んだ環境問題について発表する。(15分)

(3)調べたい問題についてアンケートをもとにグループ分けをする。
1班:ごみ
2班:自然
3班:エネルギー
4班:オゾン層
5班:地球温暖化
6班:食べ物
(10分)

(4)ウェビング法で自分のテーマの視野を広げ、今後の学習の骨格を作る。(45分)

「ウェビング法」
一つの言葉から、蜘蛛の巣のように物事を連想して視野を広める方法。(例:「冬」と言えば、雪、雪と言えば冷たい・・・等)
△ワークシート記入。発表。グループ討議。
・前時の中村さんの授業を想起させ、地球の環境問題について考えさせるようにした。

・「夜の地球」のポスターから、日本、つまり自分たちはいかに環境問題について考えなければならないのか、緊急の状況にあることを伝えた。

授業の感想・メモ

  • 調べたいという意欲が高まっていた。
  • 地球が危機的状況にあることを実感していた。
  • 今後、自分たちが何とかしなければならないということを理解し、そのために何をすべきか調べていく意欲が高まった時間であったと思う。

第3回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
・前時(4月21日)の学習のおさらいをし、自分が調べてみたいことを考える。
・自分が選んだテーマについてウェビング法で視野を広め、今後の調べ学習の意欲を高める。

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
展開
(90分)
(1)「夜の地球(NASA提供)」のポスターを見て、考えたことを書き、発表する。(20分)

(2)前時に学んだ環境問題について発表する。(15分)

(3)調べたい問題についてアンケートをもとにグループ分けをする。
1班:ごみ
2班:自然
3班:エネルギー
4班:オゾン層
5班:地球温暖化
6班:食べ物
(10分)

(4)ウェビング法で自分のテーマの視野を広げ、今後の学習の骨格を作る。
(45分)

「ウェビング法」
一つの言葉から、蜘蛛の巣のように物事を連想して視野を広める方法。(例:「冬」と言えば、雪、雪と言えば冷たい・・・等)
△ワークシート記入。
発表。
グループ討議。
・前時の中村さんの授業を想起させ、地球の環境問題について考えさせるようにした。

・「夜の地球」のポスターから、日本、つまり自分たちはいかに環境問題について考えなければならないのか、緊急の状況にあることを伝えた。

授業の感想・メモ

  • 調べたいという意欲が高まっていた。
  • 地球が危機的状況にあることを実感していた。
  • 今後,自分たちが何とかしなければならないということを理解し、そのために何をすべきか調べていく意欲が高まった時間であったと思う。

第13回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
 パックテストなどを通して、いかに自分たちの生活廃水が地球を汚染しているか気づかせる。
さらに、今後どのような暮らし方をすればいいか考えさせる。

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
             
導入
(5分)
本日の学習内容を理解する。
・パックテストを行う。

「パックテスト」
水の汚染度を薬剤を使い、
数値で表すテスト

・将来の南種子町を設計する。
◎水の汚染度を調べるため、パックテストを行うことを説明する。

◎将来の南種子町を考えさせるために広幅用紙に、自由に町を設計させる。
・汚染度を比較しやすいように、しょうゆ、焼酎、川、生活排水溝の水を用意する。

・その結果,どんな事が言えるのか考えさせる。

・将来の南種子町をかかせる時には,環境の視点をもってかくように留意させる。
展開
(75分)
(1)パックテストを行う。

(2)将来の南種子町を設計する。
△排水溝の水の汚染度を調べる。

△自分が夢見る将来の南種子町を設計する。
まとめ
(10分)
今後どのように生活していくか感想を述べる。

授業の感想・メモ

  •  鹿児島市から環境アドバイザーを招聘し、パックテストやその他町の設計などをさせ、身近な環境について考えさせることができた。自分たちの生活排水がいかに地球を汚染させているか気づくにつれ,子どもたちは,「今後しょうゆなどを使う分だけ出す」「米のとぎ汁は植物などにかける」などといった態度をもつようになった。今後は,それが行動に出てくれればと願っている。

第20回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
 グループごとに調べてきたことを体験することで、地球がいかに汚染されてきているか理解したり、また自分たちが今度どのような生活を送っていけばよいか考えたりする。

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
                  
指導上の留意事項
               
導入
(10分)
各グループの体験内容を発表する。
◎どのグループが何をするか板書する。

△体験活動の準備をする。
・どのグループも意欲的に体験活動ができるように、何をするのかクラス全体に把握させておく。 

・体験活動に必要な道具などを支援する。
展開
(75分)
それぞれの体験をする。
(1)自然グループ
洗顔をするのに、どれくらいの水を無駄遣いしているか調べる

(2)エネルギー班
自分たちで電気を作ってみる

(3)オゾン層班
紫外線の影響を調べる

(4)空気班
両面テープを町の至る所にはり、
どの場所が一番汚れるか調べる

(5)リサイクル班
牛乳パックからはがきを作る

(6)食グループ
健康に良い料理を作る
・安全に留意させる。

・次の体験につながるよう、随時メモをさせる。

・活動が停滞している班には助言、支援をする。
まとめ
(5分)
体験したことや課題をレポートに書く。
△良かった点、改善すべき点をまとめる。

授業の感想・メモ

  • 調べたことを実際に体験することで、地球がいかに汚染されてきているか理解できたようである。
  • また新たな課題点も出てきたので、次の活動につなげるようにさせたい。

第21回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
グループごとに調べてきたことを体験することで、地球がいかに汚染されてきているか理解したり、また自分たちが今度どのような生活を送っていけばよいか考えたりする。

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
                     
指導上の留意事項
            
導入
(10分)
各グループの体験内容を発表する。
◎どのグループが何をするか板書する。

△体験活動の準備をする。
・どのグループも意欲的に体験活動ができるように、何をするのかクラス全体に把握させておく。

・体験活動に必要な道具などを支援する。
展開
(75分)
それぞれの体験をする。
(1)自然グループ
学校にどれだけ、またどのような生き物がいたか、整理する。

(2)エネルギー班
自分たちで電気を作ってみる(自転車のランプを使って)

(3)オゾン層班
紫外線の影響を調べる。

(4)空気班
両面テープを町の至る所にはり、どの場所が一番汚れるか調べ、まとめる。

(5)リサイクル班
牛乳パックからはがきを作る(本日完成)

(6)食グループ
健康に良い料理を作り、クラス全員に試食をしてもらい、意見を仰ぐ。
・安全に留意させる。

・次の体験につながるよう、随時メモをさせる。

・活動が停滞している班には助言、支援をする。
まとめ
(5分)
体験したことや課題をレポートに書く。
△良かった点、改善すべき点をまとめる。

授業の感想・メモ

  • 調べたことを実際に体験することで、地球がいかに汚染されてきているかさらに理解できたようである。
  • 体験も最後のほうである。なぜその体験をしているのか、その体験をして考えたことや、これからどのようにしていかなければならないか、考えさせる必要がある。

第23回目/全24回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
今年度、宇宙教育センターとの連携授業を実施した鹿児島県内の小学校3校(内之浦小学校・岸良小学校・中平小学校)の生徒がインターネットを利用した会議システムにより、各学校が総合学習で学んだ成果や地域の特色(内之浦と種子島、それぞれの射場紹介など)を学びあう交流会を行う。

授業の感想・メモ

<生徒たち>

  • ほかの学校の発表が聞けて勉強になった。
  • ほかの地域の特色が分かってよかった。
  • 友だちになりたい。
  • これからの学習に役立てたい。

<教師側>

  • リアルタイムでの生の声や映像が送られてきて子どもたちのよい刺激になる。
  • 子どもの学習が深化する。
  • 声が聞き取りにくいので、マイクをしっかりと近づけるべき。
  • 映像とモノを用意した方が見やすい。字も大きくすべき。
  • 事前の連絡、調整が大変。

鹿児島県・南種子町立中平小学校

授業連携実績一覧

このページのTOPへ