授業連携

最先端科学技術から学ぶ課題解決力養成講座

東京都・東京都立八王子東高等学校

  • 高等学校
  • 高3
  • 総合的な学習の時間

概要

▲4月23日「科学衛星・探査機を作る」講義の様子

<全授業を通した指導目標>

最先端技術に触れ、現在解明されている事やこれからの課題を明確にさせ、
1.「自分に今できること」を考えさせ、社会貢献に対する考え方や行動力を育成する。
2.「課題解決に必要なこと」を大きな視点から眺め、提案として解決策を示させ、論理的な課題解決力の育成をはかる。また、その課題を解決するためには今の自分には足りないもの(知識・技能等)は何かを考えさせ、今後学習させていく(学習の動機付け)と共に、それを学べる環境(大学等の進路)についても探らせることで、自己の進路を明確にさせていく。

<対象>

高校3年(26名)

<期間>

平成20年4月23日~平成20年9月24日

<区分>

総合学習の時間

構成表

実施日
時間
形式
人数
授業内容
1
50分
事前授業
25名
ガイダンス
2
50分
講義
25名
「科学衛星・探査機を作る」
講師:山村 一誠
(JAXA宇宙科学研究本部赤外・サブミリ波天文学研究系 准教授)
※専門家の講義をもとに見識を広めさせ、衛星設計コンテストのための参考とさせる。
3
50分
講義
25名
「宇宙利用の現状と可能性」
講師:曽根 理嗣
(JAXA宇宙科学研究本部宇宙探査工学研究系 准教授)
※専門家の講義をもとに見識を広めさせ、衛星設計コンテストのための参考とさせる。
支援:岸 詔子・宮原 有香
4
50分
授業
25名
衛星設計コンテストミッション第1次案発表会
5
50分
講義
25名
ミッション検討作業へのアドバイス
指導:野田 篤司
(JAXAシステムズエンジニアリング推進室ミッションデザイン支援グループ 技術領域リーダ 主幹開発員)
※班員ごとに作成したアイデアを各班で1つにまとめていく。
支援:浅野 眞・岸 詔子・宮原 有香
6
50分
授業
25名
ミッション検討作業へのアドバイス
指導:野田 篤司
(JAXAシステムズエンジニアリング推進室ミッションデザイン支援グループ 主幹開発員)
※専門家を招いて、各班のアイデアについて意見をいただき、最終的なアイデアをまとめる機会とする。
支援:浅野 眞・岸 詔子・宮原 有香
コンテスト応募
7
50分
授業
25名
衛星設計コンテスト結果報告会

第1回目/全7回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.現在、運用されている科学衛星の把握
2.科学衛星の意義、目的の理解
3.未来の科学衛星の展望

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
講師紹介
展開
(40分)
科学衛星について
◎講師による講義

△聴講
まとめ
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて

授業の感想・メモ

  • 地学を学習しない生徒たちにとって、科学衛星のデータから得られた地球や他の惑星の情報は新鮮だったらしく関心を寄せていた。

第2回目/全7回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.現在、運用されている実用衛星の把握
2.実用衛星の意義、目的の理解
3.未来の実用衛星の展望

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
講師紹介
展開
(40分)
実用衛星について
◎講師による講義

△聴講
まとめ
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて

授業の感想・メモ

  • 宇宙利用の現状と開発裏話などに生徒は興味をいだいていたように感じた。

第3回目/全7回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.各グループのミッション把握
2.問題提議
3.これからの課題

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて
展開
(40分)
ミッション発表&検討会
◎ミッションに対する評価

△ミッション発表
まとめ
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて

授業の感想・メモ

  • ミッション報告会の感想
    1.壮大なスケールを考えることは難しい
    2.過去にやられていないアイデアを出すには訓練が必要

第4回目/全7回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.各グループのミッション把握
2.問題提議
3.これからの課題

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて
展開
(40分)
ミッション発表&検討会
△ミッション発表

◎講師によるアドバイス
まとめ
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて

授業の感想・メモ

  • ミッション作成のポイント
    1.自分の領域で勝負する
    2.やりたいことをアピール

第5回目/全7回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.各グループのミッション把握
2.問題提議
3.これからの課題

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて
展開
(40分)
ミッション発表&検討会
△ミッション発表

◎講師によるアドバイス
まとめ
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて

授業の感想・メモ

  • ミッション作成のポイント
    1.自分の領域で勝負する
    2.やりたいことをアピール

第6回目/全7回『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.各グループのミッション把握
2.問題提議
3.これからの課題

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて
展開
(40分)
ミッション発表&検討会
△ミッション発表

◎講師によるアドバイス
まとめ
(5分)
衛星設計コンテストへ向けて

授業の感想・メモ

  • ミッション作成上の留意点
    1.過去のミッションを知ること
    2.人類への影響や倫理上の問題を考えること

第7回目/全7回>『授業記録シート』

<今回の授業の指導目標>
1.衛星設計コンテスト結果報告
2.反省会
3.今後の抱負

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(5分)
前回までの活動を振り返って
◎活動の履歴を振り返る
展開
(40分)
結果発表

結果をふまえての反省会
◎講評

△反省
まとめ
(5分)
今後の抱負
△発表

東京都・東京都立八王子東高等学校

授業連携実績一覧

このページのTOPへ