2013年02月13日

SEEC 2013~終了報告~

こんにちは。石川です。
ただいま、日本の2月12日です。
米国の理科の先生をはじめ、日本、カナダ、欧州から計368人の教育関係者が参加したSEEC 2013が
終わりました。3日経ってしまいましたが報告です。

SEEC 2日目の2月8日は、朝8:00からJAXAの宇宙飛行士・古川聡さんの基調講演がありました。
宇宙から撮影したスプライト、宇宙飛行士の仕事や国際宇宙ステーション(ISS)、日本人宇宙飛行士
などについての、沢山の写真を使ったとてもわかりやすい説明で、参加した各国の先生方は熱心に、
そして楽しそうに聞いていました。

image001.jpg

その他、100以上ものセッション・ツアーが行われた中で、私たちが参加したセッションや2日目に
開催された夕食会の様子を少し紹介しますね。


image002.jpg
Mission(ミッション)Xという、健康社会の促進を目指して世界各国の宇宙機関が取り組むプログラムを体験中。
上の写真はクルー間のコミュニケーション力や緊急時の問題解決力を高めるためのプログラムを体験しているところです。 
参考: http://iss.jaxa.jp/med/missionx/

image004.jpgのサムネール画像  image005.jpgのサムネール画像
2日目の夜に開催された夕食会です。宇宙飛行士とエンジニアでバンドを結成し、素敵な演奏を聞かせてくれました。


さて、今回の私たちの一番の目的である発表の様子をご報告します。
SEEC最終日2月9日の朝一番目が私たちのセッションです。朝8:00から開始なので、7:00前に
ホテルロビーに集合し、会場に向かいました。
1時間の準備時間はあっという間に終わり、いよいよセッション開始です!


傘袋を使って作るロケットや薄い発泡スチロールのシートで作る凧、スポイトで作るロケットの3つを使ったそれぞれの教育活動を3人の先生が発表しました。

image005_2.jpg  image006.jpg

image007.jpg  image008.jpg

先生方はちょっと不安と言っていた英語での発表ですが、3人とも2月5日の発表練習とは違い堂々たるもので、会場と一体感のある楽しい発表で、「すごいな」と本当に感心しました。SEEC 1~2日目でさまざまなセッションに参加した経験もしっかり生かされていたようでした。
そして、セッションに参加してくれた各国の先生たちも皆さんノリが良く、問いかけやジョークなどに応えてくれたり、笑ったりしてくれて発表しやすい雰囲気を作ってくれていました。参加者もセッションをより良くするための大切なメンバーであるのだと、改めて感じました。私もこれからこのような機会に参加する時は、盛り上げていくメンバーにならなければと思いました。

90分の発表は遅れて始まったにも関わらず時間内に無事終了し、参加者の方からいただいたアンケートでは「excellent」(とても良かった)をたくさんいただきました。
私たちのSEEC 2013は無事、終了です!!

今回のSEEC 2013への参加を振り返って思ったことは、皆がそれぞれ持っている活動経験を共有する場が重要であることと、そのような機会には例え言語が違っても果敢に挑戦することが大事であるということです。普段決して会うことのない遠く離れた先生たちが集まり交流し、さらなる発展と広がりをつくることはとても素敵だと思いました。帰国の時、参加した先生方も「色々なことが体験できて本当に良かった。この感動を子どもたちや周りの先生にぜひ伝えたい!」と話していました。
日本からより多くの先生方に参加していただきたいです。

少し長くなりましたが、これでSEEC 2013の参加報告を終わります。
来年もSEECは開催される予定で、宇宙教育センターも発表希望者を公募して発表のサポートをする予定ですので、
是非、興味ある先生方はチャレンジして下さいね。

では、また!