アサガオ・ミヤコグサ
大阪府立和泉高等学校 : ミヤコグサ班

大阪府立和泉高等学校のミヤコグサ班のコミュニティです。

トピック一覧


  • 2010.6.25 ミヤコグサ?@MI P 標準

    6.12育苗ポットに播種(34) 
    6.25鉢に植え替え(8) 
    POSITIVEのグループは、発芽率が低い 23/34(67.6%)み
    ここまでの成長では、個々の株にあまり違いが無い。
    選んだ株は、後日の成長経過から逆算して選んでいる。

    • IZUMI
    • 2010.07.28
    • 10コメント 2010.07.28 更新

  • 7.29 ミヤコグサ成長記録

    育苗ポットから鉢に植え替えた後、しばらく不安定な様子でしたが、やっと安定して成長しています。
    発芽した苗は、鉢以外にプランターにも植え替えたのですが、こちらはほぼ全滅に近い状態となってしまいました。プランターは屋外に出したので、強い直射日光と高温にやられたようです。
    生育状態は、SPACE群、NEGATIVE群がばらつきが少なく、8鉢ともそれなりに成長しています。
    POSITIVE群は、ばらつきがあり、2鉢が枯死。成長の程度にもかなり開きがあります。

    • IZUMI
    • 2010.07.29
    • 7コメント 2010.07.29 更新

  • 8.20ミヤコグサ成長記録

    酷暑が続き、実験室の気温も朝から30℃を連日超えている。
    ミヤコグサもぐったりしているように見える。
    NEGATIV群は、この間に2鉢枯れてしまった。枝の数が多いのが特徴。
    SPACE群は、全体的に順調に成長。葉の数が多いのが特徴。
    POSITIVE群は、個体差が大きい。全体的に生育が悪い。

    • IZUMI
    • 2010.08.20
    • 7コメント 2010.08.20 更新

  • 残念な結果

    9月7,8日本校の文化祭が開催されました。
    この会場でミヤコグサの展示と、成長の記録をポスターセッションで公開しました。
    その後、葉や芽の部分に小さな蜘蛛の巣がかかっているような状況がありましたが、
    時はあまり気にとめていませんでした。
    ところが、その後2,3日もすると一気に先端から茶色く枯れ始めてしまいました。
    そして、あっという間に宇宙飛行群、地上照射群は全部枯れてしまいました。
    地上対照群だけは、2鉢が生き残っています。
    根を確認しましたが、根粒らしきものもできていません。
    現在は、土の中に根を戻し、地上部は2,3cm残してカットし、多年なので、来春また奇跡的に芽が出ないかと観察を続けています。
    あの蜘蛛の巣状のものは、アブラムシらしいのですが私たちの知識の無さから、こんな結果になってしまったことを残念に思っています。貴重な研究材料を無駄にしたようで、大変申し訳ない気持ちでいます。
    生育の顛末は、大阪府サイエンスフェスティバルで紹介しました。観客から、育て方に問題があったと、厳しい意見をちょうだいしました。部員一同その指摘通りだと考え、今後の糧にしようと思っています。

    • IZUMI
    • 2010.11.14
    • 2コメント 2010.11.17 更新