宇宙を活用した教育実践例

科学実験教室「水ロケットを飛ばそう」

鹿児島県・東出水小学校附属幼稚園(2)

  • 未就学児
  • 学校教育

概要

鹿児島県・東出水小学校附属幼稚園(2)
全園児
約40名
平成25年11月
特別授業
科学実験教室
「水ロケットを飛ばそう」
水と空気のシンプルな構造の水ロケットではあるが、水と空気の割合で飛び方が変わってくる。
また、重心などに気をつけて作成をすることで、とても意欲的に実験に取り組むことができている。
工作もかねてロケット作りを行った。
はさみの使い方や、テープの張り方も上手に行うことができていた。
かわいく絵を描く園児もいて、とても楽しそうであった。

水の量も自分たちで考えさせた。たくさんの水を入れるとうまく飛ばないことや噴き出す水の様子にも関心が高いように感じた。
園庭を空高く飛ぶロケットに大きな歓声を上げていた。

授業・活動後の先生のご感想、ご要望など

  • 東出水小学校の隣には、附属の幼稚園があり学期に1回のペースで科学実験教室を行っている。
    ランチャーや発射装置は、実験用スタンドとゴム栓、ボールへの空気入れ用針を用いた簡単なもので、圧力が高まれば勝手に飛んでいくものである。
    カウントダウンはできないが、それでも子どもたちは、大きな声でカウントダウンをするなど、とても楽しく実験に取り組んでくれうれしかった。

授業の様子

授業の様子1
授業の様子2
授業の様子3
宇宙を活用した教育実践例実績一覧

このページのTOPへ