2015年4月4日の「みんなで皆既月食を観察しよう」キャンペーンは終了しました。
たくさんの写真をご応募いただき、ありがとうございました。

「みんなで皆既月食を観察しよう」キャンペーンとは

JAXA宇宙教育センターでは、皆既月食の観察を通して、月や太陽などの天体にもっと興味をもってもらおうと、『みんなで皆既月食を観察しよう』キャンペーンを行います。

4月4日に起こる皆既月食を観察し、写真を撮ったりスケッチをしたりして投稿してください。
ご投稿いただいた画像は本ウェブサイト上でご紹介いたします。

皆さまからの月食画像のご投稿をお待ちしております。


※前回のキャンペーン時にご投稿いただいた写真をこちらからご覧いただくことができます。

※観察や写真撮影の方法やポイントについては、過去のテキスト教材をご覧下さい。

月食の仕組み

月食とは、地球の影が月を隠す現象です。月が太陽と地球の間にきたとき、つまり満月のときに、月が地球の影に入り込み月食が起こります。
しかし、満月のたびに月食が起こるわけではありません。
これは、地球の公転軌道と月の公転軌道の傾きにわずかなずれがあるからです。そのため、多くの場合は月は地球の影の上や下を通り、月食にならないことのほうが多いのです。

月食を観察できる時間帯

今回の月食は19時15分過ぎに部分食が始まります。月は次第に細くなり、月の全体が地球の本影に入る20時54分過ぎに皆既食となり赤銅色の満月が現れます。皆既食の終わりは21時06分。ほんの12分間の皆既食となります。

  部分食の始まり : 19時15分
  皆既食の始まり : 20時54分
  皆既食の最大  : 21時00分
  皆既食の終わり : 21時06分
  部分食の終わり : 22時45分
今回の月食は、皆既食の時間が12分間ととても短いです。
皆既食の時間が変化するのはなぜでしょうか。
上で説明した通り、地球の公転面と月の公転面の傾きがずれているため、月が地球の影の中を通る際も真ん中ではなく端に寄ったところを通過することもあります。
今回の月食は月が地球の影の端のギリギリの位置を通過するため、月全体が地球の影の中に入る時間は短く、皆既食の時間は短くなります。(右の図の黄色い月)

反対に、月が地球の影の真ん中近くを通る場合(右の図のオレンジの月)月全体が地球の影の中にいる時間が長くなりますので、皆既食の時間は長くなります。

月が欠ける様子を記録しよう

月の模様を目安にして、スケッチ用紙に赤やオレンジ、黒や灰色などの色を使って月の変化を記録しましょう。

例えば月の模様をウサギに見立てて、ウサギのシルエットを目安にすると月が欠けていく様子を描き易いです。
 ・足元が欠けてきた・・・・
 ・臼が影に入った・・・
 ・体と耳の先、顔の一部も影に入った・・・・
などなど。

時間の経過がわかるように時刻も一緒に記録すると、後で月食の様子を見るときに役に立ちます。

写真・スケッチを紹介しよう

皆既月食を観察し、写真を撮ったりスケッチをしたりして
「画像を投稿する」ページから投稿してください。

前回、2014年10月8日に投稿いただいた写真の中から1枚、写真を選んで壁紙として加工させていただきました。

「人の住んでいるところの生活感と、月食の非日常感と、両方写っているのが素敵」な写真です。
(大きなサイズ(1280x960)の画像はこちらからご覧いただけます。)

今回も、素敵な写真が取れたらぜひ、投稿して紹介してください。
お住まいのところの雰囲気が、少し写っている写真だととてもうれしいです。

お問い合わせ先

宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター

〒252-5210 神奈川県相模原市中央区由野台 3-1-1

TEL:
050-3362-3830
FAX:
042-759-8612

ページの先頭へ