「みんなで皆既月食を観察しよう」

JAXA宇宙教育センターでは、皆既月食の観察を通して、月や太陽などの天体にもっと興味をもってもらおうと、月食の観察に使用できる「皆既月食スケッチ用紙」を公開しました。

1月31日に起こる皆既月食を観察し、写真撮影やスケッチに挑戦してみましょう。
※観察や写真撮影の方法やポイントについては、過去のテキスト教材をご覧下さい。

月食の仕組み

月食とは、地球の影が月を隠す現象です。月が太陽と地球の間にきたとき、つまり満月のときに、月が地球の影に入り込み月食が起こります。
しかし、満月のたびに月食が起こるわけではありません。
これは、地球の公転軌道と月の公転軌道の傾きにわずかなずれがあるからです。そのため、多くの場合は月は地球の影の上や下を通り、月食にならないことのほうが多いのです。

月食を観察できる時間帯

今回の月食は20時48分ごろに部分食が始まります。月は徐々に細くなり、月の全体が地球の本影に入る21時51分ごろから23時8分まで約1時間17分も皆既食となり、赤銅色(しゃくどういろ)の満月を見ることができます。そのあと日付が変わって2月1日0時11分ごろまで再び部分食となります。

 部分食の始まり:20時48分
 皆既食の始まり:21時51分
 皆既食の最大 :22時29分
 皆既食の終わり:23時08分
 部分食の終わり:00時11分
皆既月食の情報が国立天文台のサイトで見られます。今回の月食について、いろいろと調べてみましょう。
国立天文台のサイト・皆既月食(2018年1月31日)

月が欠ける様子を記録しよう

月の模様を目安にして、スケッチ用紙に赤やオレンジ、黒や灰色などの色を使って月の変化を記録しましょう。

例えば月の模様をウサギに見立てて、ウサギのシルエットを目安にすると月が欠けていく様子を描き易いです。
 ・足元が欠けてきた・・・・
 ・臼が影に入った・・・
 ・体と耳の先、顔の一部も影に入った・・・・
などなど。

時間の経過がわかるように時刻も一緒に記録すると、後で月食の様子を見るときに役に立ちます。

記録を書いたスケッチ用紙は、KU-MA(子ども・宇宙・未来の会)のサイトで投稿を受け付ける予定です。
投稿サイト

お問い合わせ先

宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター

〒252-5210 神奈川県相模原市中央区由野台 3-1-1

TEL:
050-3362-3830
FAX:
042-759-8612

ページの先頭へ