授業連携

総合的な学習の時間「自然と環境」

神奈川県・神奈川県立横浜南養護学校

  • その他
  • 中1
  • 中2
  • 中3
  • その他
  • 総合的な学習の時間

概要

<全授業を通した指導目標>

「自然と環境」のテーマはエコロジーや地球の事だけでなく、宇宙も自然の一部であり、宇宙と私たちは深い関わりがあることを知り、また興味を持つ。

<対象>

中学部1年~3年  ※飛び入りで小学部5,6年生が参加 約40名

<期間>

平成26年9月4日~12月3日

<区分>

総合学習の時間

構成表

実施日
時間
形式
人数
授業内容
1
10月8日
50分
授業
4名
中1の理科の授業での事前学習
<内容>JAXAについて、天体一般の知識
2
10月9日
50分
授業
5名
中2の理科の授業での事前学習
<内容>JAXAについて、天体一般の知識
3
10月10日
50分
授業
20名
中3の理科の授業での事前学習
<内容>JAXAについて、天体一般の知識
4
100分
講義
約40名
月について
講師:春山 純一
(JAXA 宇宙科学研究所 太陽系科学研究系)
5
9月4日~12月15日
 
総合的な学習での調べ学習と発表、その中での派遣授業(10月23日)の実施です。

『授業記録シート』

時間配分
学習内容
◎教師の活動
△生徒の活動
指導上の留意事項
導入
(15分)
講師の方が何故宇宙に興味をもたれ今の研究をされているか。
話をよく聞いていた。
適切な場所に座らせる。
展開
(80分)
人工衛星のしくみや開発の話し。撮影の苦労。人工衛星を遠隔操作する困難さ。月面チューブについて。月面での生活の可能性について。
おおかた話をよく聞いていた。
途中休憩を入れた。
まとめ
(5分)
月面での生活の可能性についてと将来性
・質疑応答
活発な質問があった。主にアニメからくる質問が多かった。講演終了後も中学3年生が講師の方に頻繁に質問をしていた。

授業の感想・メモ

  • 人工衛星の写真撮影やしくみなど知らない事や苦労を知ることができました。月面で居住できる可能性を知ることができました。またわかりやすい映像を提示していただき、飽きずに見ることができました。今後は貴重な映像やワークショップ形式で生徒が主体的に参加をすることができるとさらに興味・関心が深まると感じました。

神奈川県・神奈川県立横浜南養護学校

授業連携実績一覧

このページのTOPへ