“HOME” に戻る

今月の読み物

2017年12月23日に、種子島宇宙センターから気候変動観測衛星「しきさい(GCOM-C)」と超低高度衛星技術試験機「つばめ(SLATS)」が打ち上げられました。「しきさい」は高度約800kmの太陽同期軌道をめぐる地球観測衛星、「つばめ」はその名前の通り、高度200km前後という超低軌道で人工衛星を運用するための技術試験衛星です。

高度800kmと200km、といっても少しイメージしづらいので、私たちの身長と比べてみましょう。厳密な比較はできませんが、体のパーツの比率は大人も子どももさほど大きく変わりませんので、大雑把に違いを体感できます。

ちょうど今、金井宇宙飛行士が滞在している国際宇宙ステーションの高度400kmを目安にしましょう。この高さを人の背の高さくらいだと考えます(ここでは165cmとします)。このスケールだと地球のサイズが50mくらいになります。国際的に宇宙空間と認められている高度100kmはだいたい膝のちょっと下あたり(身長165cmで40cmくらい)。いわゆる「大気圏」として空気がたっぷりあるのは膝から下くらいです。ちなみに、この比率だと、富士山は足の指くらいの高さ(1.5cm)、月までは1.5kmほどです。だいたいスケール感がつかめたでしょうか?

さて、「しきさい」は高度800kmくらいですから、身長の約2倍です。結構高いところを飛んでいますね。ここには全くといっていいほど空気はありません。頭の上、国際宇宙ステーションのいる辺りはほんの少しだけ空気が有ります。そのため、放っておくと国際宇宙ステーションも空気抵抗で高度が下がってきてしまいます。そのため、数カ月にいちどくらいの頻度で、高度を上げる操作をしなければなりません。

一方で今回打ち上げられた「つばめ」は、最終的には200kmくらいまで高度を下げます。国際宇宙ステーションのちょうど半分、腰のあたりを飛んでいる感じです。先程、膝から下は大気圏と書きましたが、これくらいの高度でもわずかに空気があり、なにもしないと空気抵抗でどんどん高度が下がって、数日から数週間で地表に向かって落ちてしまいます。「つばめ」は、そうならないようにイオンエンジンで補正しながら、この低い高度を保つという試験を行っています。

宇宙教育プログラムレポート

アジア・太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF-24)

2017年11月11日(土)~12日(日)にインド共和国・バンガロールでアジア・太平洋地域宇宙機関会議が開催されました。この会議の宇宙教育分科会では、活動の一環としてポスターコンテストと水ロケット大会を毎年開催しています。JAXAでは2005年より継続して本大会へ日本代表学生を派遣してきました。水ロケット大会は11月11日・12日に開催され、今年はアジア太平洋地域の12カ国から56名の中・高生が集まり、天候にも恵まれ好記録がたくさん生まれました。ポスターコンテストには12カ国から36点の応募があり、APRSAF-24の本会合会場で展示を行い、参加者の投票によって入賞作品が選ばれました。両イベントの結果は次のサイト(英語)をご覧ください。

APRSAF公式サイト(英語)

JAXA 宇宙教育センター : アジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF): 宇宙教育普及分科会

お知らせ

参加者募集中のイベント等

■Gateway to Science@東京工業大学
2018年1月20日(土)、Gateway to Science@東工大が開催されます。第1回「宇宙を愛する君たちへ」。宇宙メダカやJAXAの活動について実験を交えた講演が行われます。

対象:高校生・中学生・小学生高学年及び保護者の方
詳細:http://www.mono.titech.ac.jp/~kokusai/info3.html

■種子島エアロスペーススクール2018 参加者募集中!
種子島エアロスペーススクールはチームで協力してミッションに取り組む宿泊型の体験プログラムです。下記URLに記載の募集要項をご確認のうえ、奮ってご応募ください。

対象:高校1年生~3年生
応募締切:2018年2月3日(土)24時必着
詳細:http://edu.jaxa.jp/news/20171218.html

■「平成29年度宇宙教育シンポジウム」の開催について
2018年2月24日(土)と25日(日)の2日間、「地域から広げる宇宙教育」をテーマとしたシンポジウムを開催します(開催地:神奈川県相模原市)。連携団体を含む各事業の取り組みをはじめ、参加者間でのコミュニケーションを促進させるプログラムをご用意しています。全国からの参加をお待ちしています。

対象:18歳以上(高校生除く)
応募締切:2018年2月16日(金) 17時 ※定員になり次第締切
詳細:http://edu.jaxa.jp/news/20171208.html

■宇宙教育指導者(SEL)セミナー順次開催!
現在、3会場(東京、鹿児島、呉)の参加者を募集中です。
※このセミナーは(公財)日本宇宙少年団が実施します。

対象:18歳以上(高校生除く)
詳細:http://edu.jaxa.jp/education/leader/seminar/archive/schedule.html

新規刊行物、Web更新情報

■宇宙(そら)のとびら第42号を発行
宇宙教育情報誌「宇宙のとびら」第42号を12月28日に発行しました。
PDFデータをWebサイトで公開中です。

https://edu.jaxa.jp/soratobi/

Quale of Qualia (編集後記)

2017年が暮れようとしています。今年1年、宇宙教育センターメールマガジンをお読みくださりありがとうございました。
2017年も多くの人たちに支えられ、宇宙教育活動が全国各地で実践されてきました。学校や地域で子どもたちのために尽くされている方々には頭が下がります。これからも宇宙教育センターは、みなさまの活動をお手伝いするためにメールマガジンやホームページなどで様々な情報を提供していきます。
来るべき2018年がみなさまにとって素晴らしい1年となりますように。

メールマガジンについて

発行
JAXA宇宙教育センター
  • メール配信停止につきましては、メールマガジン本文末尾に解除手続きへのリンクがあります。
  • 本メールは、個人情報に対するポリシーおよび利用規約に基づいて配信しています。詳しくは「サイトポリシー」をご覧ください。
  • 本メールの掲載情報はメール発行日現在のものであり、予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 本メールの再配信、また本メールの記載内容の無断転載・転用・編集はご遠慮ください。

ご意見・ご感想等

ご意見・ご感想はこちらへお寄せください。
宇宙航空研究開発機構 宇宙教育センター
E-mail : magazine_edu@ml.jaxa.jp

ページトップへ