2011年12月10日の月食キャンペーンは終了しました。
たくさんの写真をご応募いただき、ありがとうございました。

「みんなで皆既月食を観察しよう」キャンペーンとは

JAXA宇宙教育センターでは、皆既月食の観察を通して、月や太陽などの天体にもっと興味をもってもらおうと、『みんなで皆既月食を観察しようキャンペーン』を行います。
12月10日に起こる皆既月食を観察し、写真を撮って投稿してください。
ご投稿いただいた写真は本ウェブサイト上でご紹介いたします。

皆さまからの月食写真のご投稿をお待ちしております。(受付は12月10日当日より行います。)

(参考)
・去年のキャンペーン時にご投稿いただいた写真をこちらからご覧いただくことができます。
・観察や写真撮影の方法やポイントについては、テキスト教材(PDF)をご覧下さい。

月食とは

月食が起こるわけ

図1月食がおこるしくみ(クリックで拡大)

月食は、地球の影に月が入るためにおこる現象です。
地球の影の反対側には太陽があり、太陽、地球、月は一直線に並んでいます。
このときの月は満月です。満月のたびに月食にならないのは、太陽を回る地球の軌道と、月が地球を回る軌道とが少し傾いているので、いつもは地球の影の上側(北極側)を通過したり、下側(南極側)を通過したりするため、月が地球の影に入ることは稀なことなのです。
皆既月食は月の全部が地球の影の中に入るので、観察できる機会はさらに少なくなります。

皆既中の月が赤いのは

図2(クリックで拡大)

皆既月食の際、月は地球の影に入りますが、完全にその明るさを失ってしまうわけでは無く、赤銅色と呼ばれる鈍い赤色になります。これは大気層があるためで、太陽光線がわずかに屈折して影の部分に入り込むからです。
この時、青い光は大気中で散乱し、残りの赤い光が月に届くのです。

月食の時間を確認しよう

図3 地球の影(半影と本影)を通過する満月(クリックで拡大)
© 国立天文台 天文情報センター

今回の皆既月食は、食の始まりから終わりまでの時間が下の表のようになっています。 この時間には月が高い位置にあるため、日本全国で観察することができます。
事前に月食の時間を確認して観察しましょう。

月食の時間
部分食の始まり 21時45分
皆既食の始まり 23時05分
皆既食の最大 23時31分
皆既食の終わり 23時58分
部分食の終わり 01時18分

12月10日の月の位置や、食の状態は、下記のリンクから確認できます。
リンク : 国立天文台ウェブサイト 暦計算室 月食各地予報

観察記録をつけてみよう

月の形や色がどのように変化するのかスケッチしてみよう

2010年12月21日の皆既月食を観察した写真とスケッチです。

月の模様をめやすに、赤やオレンジ、黒や灰色などの色を使って月の変化を記録しよう。
そのとき、時間の経過がわかるように時刻も一緒に記録しよう。
今回は食の始まりから終わりまでを観察することができます。
スケッチ用紙の月の数も増えていますので、細かくスケッチしてみよう。
(かいき月食スケッチ用紙はこちらからダウンロードできます。)